便秘薬を飲んでも出ない場合の対処法

スポンサーリンク

便秘で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
便秘とは、3日以上便が出なかったり、便が硬くなってしまって排便が困難になりスッキリしない状態のことです。
便秘が続くと腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪化して体に様々な不調があらわれます。
肌荒れ、免疫力の低下、口臭や体臭、肥満などです。
便秘の主な原因としては、偏った食生活、運動不足や睡眠不足などの生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどです。
女性の方が男性に比べて便秘になりやすいという特徴もあります。
女性の場合は、排卵や生理や妊娠や出産や閉経などによりホルモンバランスが乱れやすいことや、排便に必要な筋肉量が少ないという理由が原因とされています。

スポンサーリンク

便秘が慢性化すると、便秘薬を飲んでも出ないということもあります。
便に水分をあたえて柔らかくして排便を促すタイプの便秘薬は、慢性化して硬くなってしまった便に効果がなく、焼け石に水となってしまうこともあります。
さらに、便秘薬を長期的に服用している人は体が薬に慣れてしまって効果が出なくなってしまうこともあります。
便秘薬を飲んでも出ない場合は、薬の量を徐々に減らして食生活や生活習慣を見直す必要があります。
ビタミンやミネラルやタンパク質をバランスよく取り入れた食事や適度な運動や良質な睡眠が重要になります。
腸内環境を整える効果のある乳酸菌や食物繊維を積極的に摂取することも心がけましょう。
腸のマッサージなども効果的です。
それでもダメな場合は便秘外来で診てもらいましょう。
X線や大腸内視鏡などで検査を行い、医師の診断のもと適切な治療を受けることができます。

スポンサーリンク