便秘薬の副作用の吐き気は注意

スポンサーリンク

食の欧米化や生活習慣の乱れ、ストレスなどによって便秘に悩む人が増えており、便秘が現代病の1つと言われています。
男女で比べてみると女性の方が男性よりも2倍以上も便秘に悩んでいる人が多い傾向にあり、特に20代〜40代の女性で便秘に悩む人が多くなっていますが、70歳を過ぎると男性でも便秘に悩む人が増加し男女差がなくなっています。
一口に便秘といっても旅行中や薬の服用などによる一時的な便秘に関しては心配する必要はありません。
ではどのような状態の便秘が問題なのかというと3日以上排便がない、定期的に排便があっても残便感がある、硬くて排便が困難、腹部が張っている感じがするなどの不快な症状が続いている場合です。

スポンサーリンク

便秘を解消するためには食生活や生活習慣を見直すことから始め、なるべく水分を多めに摂取するようにします。
この段階で便秘が改善できれば良いのですが、慢性の便秘症となると簡単には改善することは難しくなります。
慢性の便秘症に最も効果的なのは便秘薬の服用です。
便秘薬はドラックストアなどで数多く販売されており手軽に利用できるようになっています。
自分に合う便秘薬を探すにはまず服用して比較するしかありません。
便秘薬の副作用として腹痛や下痢、吐き気などといった症状が現れることがあります。
腹痛や下痢は薬の量を減らすことで副作用を避けることが出来ますが、吐き気に関しては服用を控え別の便秘薬を利用することが望ましいです。

スポンサーリンク