便秘中の妊婦のビオフェルミンの効果的な飲み方

スポンサーリンク

妊娠すると終始便秘しやすくなります。
理由は様々あり、初期はプロゲステロンという黄体ホルモンの影響により腸の運動が鈍くなることや、胎児へ優先的に運ばれることによる水分不足、大きくなった胎児により腸が圧迫されることによるものなどがあります。
頑固な便秘への対処方法として薬に頼る方法がありますが、胎児への影響が気になるものです。
その中でも薬と名がつきますが、ビオフェルミン便秘薬の成分は健康な人の腸内に住むものと同じビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌といった乳酸菌で出来ており体内に吸収されることがないので妊婦でも安心して飲むことができます。
ですが、服用する前に必ず産婦人科の主治医に相談するようにしてください。

スポンサーリンク

ビオフェルミンの基本的な飲み方は食後に錠剤なら3錠まで、細粒なら添付のさじ3杯までを1日3回まで服用することが用法とされています。
まずは一錠から初めて、効果のあった数で続けて服用していくことが良いです。
一般的な便秘薬と比べて成分が乳酸菌のみで出来ているので薬をやめたからといって癖になることはなく、腸内環境の改善をしていく薬なので飲み続けることにデメリットはありません。
また、それに加えて食物繊維もあわせて摂取したり、水分を多めに摂取することを意識したり、規則正しい生活や適度な運動などあわせて行うとより効果があります。
もし続けても症状の改善が全くなく一ヶ月立った場合も医師に相談することが推奨されています。
ビオフェルミンをうまく活用して、妊婦の期間の便秘を乗り切りましょう。

スポンサーリンク