妊娠初期は便秘で腹痛にならない様に注意しましょう

スポンサーリンク

妊娠前は便通が良かった人でも、妊娠初期に便秘で腹痛になってしまう人が多いです。
理由としては、水分が赤ちゃんにいってしまうのと、つわりの嘔吐で水分が減ってしまい、便秘になりやすいのです。
それに女性ホルモンが増加する事で、腸の働きが抑制されて、排便する力が弱まってしまいます。
妊娠初期は、身体の変化がストレスになり、ストレスは身体を冷やすので、便秘で腹痛になる事も多いです。
それに妊娠すると、強い眠気が急激に起こったり、つわりで怠かったりして動かなくなるので、運動不足になりやすく、筋力が低下すると排便する時にりきむ力が弱くなってしまうのです。
ですから、適度な運動や冷やさない為に、ゆっくりお風呂に浸かりましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期の便秘解消には、食べ物に気を使う事です。
つわりで食事が摂れない時は、水や牛乳、飲む点滴と言われるほど栄養価の高い、甘酒などを飲むようにしましょう。
便秘に良い食べ物は、腸の環境を整えるヨーグルトです。
同じように腸の善玉菌を増やしたり、活発化させるオリゴ糖や蜂蜜をいれると、無糖のヨーグルトでも食べやすいし、相乗効果が期待されます。
そしてシリアルです。
オーツ麦のシリアルは、食物繊維が豊富なので良い便が作られます。
納豆やきなこにも、食物繊維やオリゴ糖が含まれているし、栄養価も高いので、妊娠初期の便秘にはもってこいです。
沢山の水分を摂り、食物繊維の多い食べ物を摂りいれ、適度な運動と冷えに気をつければ、便秘は解消されます。

スポンサーリンク