授乳でも赤ちゃんに影響がない便秘薬もある

スポンサーリンク

赤ちゃんはお母さんのおなかの中で大きく成長していきますが、出産してからもお母さんの母乳を栄養にして成長を続けていきます。
母乳はお母さんが食べたものが原料となって作られているため、お母さんの食べたり飲んだりしたものが赤ちゃんにまで影響を与えてしまうと言われています。
そのため、授乳中はお母さんが飲んだ薬の影響を間接的に赤ちゃんが受けてしまうため、飲む薬には気を使わなければいけません。
授乳中のお母さんは生活習慣が赤ちゃんのサイクルに変わることで夜しっかり眠ることができなくなってしまったり、ホルモンの分泌量が変化したり、母乳を作るために摂取した水分の多くを使ってしまうことで体調にも様々な変化が訪れます。
それらが影響して便秘になってしまうことも多いのですが、授乳中に便秘薬を飲むと赤ちゃんに影響があるのではないかと不安になってしまいます。
しかし実際には授乳中でも問題なく飲むことができる便秘薬があるのです。

スポンサーリンク

授乳中に飲むことができる便秘薬は意外と多いので、逆に飲んではいけない成分を覚えておいた方が良いでしょう。
飲んではいけない成分はセンナとダイオウが含まれているものです。
これらの成分は母乳を通して赤ちゃんに吸収されてしまうのですが、その作用で赤ちゃんが下痢になってしまう可能性があると言われているためです。
ハーブや漢方薬が使用されている便秘薬にはこれらの成分が配合されていることが多いので、購入の際には注意が必要です。
安全性が高いのは乳酸菌を増やす効果が高いものです。
直接便秘を解消するというよりも、腸内環境を改善するのに伴って便秘が解消されるというものですが、赤ちゃんへの影響はないと言われているため安全性が高いと考えられています。
どれを飲んでいいのかわからない時にはドラッグストアなどの薬剤師に相談したり、市販薬を飲むのが不安だという場合には医師に相談して赤ちゃんに影響が出ないものを処方してもらうようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク