便秘じゃないのにお腹が張る原因と改善方法

スポンサーリンク

便秘じゃないのにお腹が張ることがあります。
原因はガスが溜まっていたり、姿勢が悪い人や運動不足の人も便秘じゃないのにお腹が張ることがあります。
毎日便がでていても、量がすくない場合は、腸に便が溜まって張っていることもあります。
女性の場合はホルモンが原因で便秘じゃないのにお腹が張ることもあります。
お腹が張る病気で、呑気症というものがあります。
症状はお腹の張りや食欲不振、おならが沢山でたり頭痛がしたりです。
その原因はストレスや食べるときに空気をいっぱい吸ってしまったり、話すときに無意識に大量の空気を吸い込むと呑気症になることがあります。
他にもお腹が張るという時は、体が病気のサインを出している可能性もあります。
改善しない場合は、病院にいって検査してもらうのも原因がわかって解決もできるので安堵できます。

スポンサーリンク

お腹にガスが溜まっている場合の解消方を紹介していきます。
まずは腸が活発に動ける環境づくりを目指します。
一押しはストレッチです。
正しい呼吸法でやるストレッチは運動不足を解消してくれるだけではなく、正しい姿勢やストレスも解消してくれるので様々な良い効果をもたらしてくれます。
次にマッサージをすることです。
仰向きに寝そべって、へその周りを深い呼吸をしつつ、ゆっくりと時計回りでお腹をマッサージすると腸に刺激が与えられてガス溜まりや便秘が治ります。
お風呂上りや寝る前など、リラックスできる時間にやると効果があがります。
食事をするときは、よく噛んでと落ち着いて食べることも大切です。
ゆっくりと時間をかけて食べることは暴飲暴食防止にもなり、胃や腸の負担を減らしてくれます。

スポンサーリンク