便秘の改善方法、寝方などに注意

スポンサーリンク

便秘のせいでお腹が張って夜眠るのも難しい、という経験を持つ女性は少なくありません。
これはそれが解消されるまで続くことになるので、たいていの人が無関心ではいられない物事の一つです。
 では、便秘を改善するのにはどのような方法があるのかと言えば、寝方を変えることです。
 これは具体的に言えば、うつぶせになって眠ることを意味します。
 一般にうつぶせで眠ると言えば、あまりよい印象はありませんが、この寝方を採用すると、自分の体重で腹部対し圧迫がかけられるので、それが刺激となって、排便が促されることになります。
 この改善方法を採用するメリットは、簡単なので誰にでもできることです。
マッサージとなると、専門家に頼むか必要技術を習得しないと効果が薄いのですが、これならばすぐに取り入れることができ、しかも早い段階で効果が出ることでも知られています。
 便秘は健康にも美容にもよくないので、それだと感じたら早めに改善するようにしましょう。

スポンサーリンク

 便秘を改善する寝方としては、左を下にするというのがあります。
これは大腸の便が溜まりやすい部分を物理的に刺激することにより、排便を促すという意味があります。
 この方法は先に説明したうつぶせ寝と同じく、誰でもすぐに実行に移せることがメリットです。
 睡眠時間を意図的に増やすというのも、便秘解消に繋がる寝方の一つです。
これは腸の蠕動運動を促す副交感神経が働くのが、眠っている間だからです。
 そのため、多忙だからと睡眠時間を削っていると、食物繊維をきちんと取っているのに、気がついたら便秘になっていた、という事態を招くことになります。
 そのため、腹部の張りが気になってきた人は、スケジュール調整をして、眠る時間をきちんと確保するようにしましょう。
 睡眠不足は便秘だけではなく、他の不調を招く原因にもなるので、それを意識することが大切なのです。
 薬に頼っても問題が解決するわけではなく、一時的に回復できるだけだというのを、忘れないようにしましょう。
日々の心がけが大切です。

スポンサーリンク