便秘から起こる下痢、右下腹部痛が当たり前にならないように。

スポンサーリンク

便秘に悩まされている人はたくさんいると思います。
不規則な生活習慣や食生活、運動不足やストレスなど多くの原因が挙げられます。
学校や外出先などで便を出すことを恥ずかしいことだと思い込み、便を我慢するということが習慣づいてしまい慢性的な便秘につながることもよくあります。
慢性的な便秘は改善も難しく、薬を飲んで下痢として無理矢理排出したり、便が溜まり過ぎて右下腹部痛を起こしても、その痛みが当たり前となってしまい、また薬を飲んで治すという悪循環が生まれてしまいます。
この下痢と右下腹部痛が当たり前になってしまうことはとても危険です。
当たり前に薬に頼っていると、いつの間にか薬がないと自分の排便をコントロールできなくなり、悪化すれば重篤な病になりかねません。

スポンサーリンク

ではどうやって便秘を改善していけばいいのか、その方法はたくさんあり、効果にも個人差があります。
乳製品を食べれば下痢をしてしまう人もいるし、水分を多めに摂れば腹部膨満感、右下腹部痛を起こしてしまう人もいると思います。
やはり頑固な便秘には食事療法ももちろんですが、同時に運動療法も重要な役割を果たします。
簡単なストレッチや筋トレやマッサージ、普段より少しだけお腹を意識して呼吸をしたり動かしてみたり、それだけでも腸が動いてる音を聞き取ることができると思います。
そこから少しずつ自分に合った食事療法を見つけましょう。
自分の生活を見直し、焦らず時間をかけて薬なしで自分の排便をコントロールできるよう腸内環境を整えていくことが大切です。

スポンサーリンク