腹痛の場所と便秘の関係

スポンサーリンク

規則正しい排泄習慣は、健康的な身体に欠かせない行為です。
しかし、女性は体質上、便秘になりやすい身体と言われています。
また、ストレスが多い場合や運動不足で筋力が低下している場合も同様です。
便秘によって老廃物が身体の中に蓄積されると、老廃物が腸内で腐ってガスを出します。
このガスが、腹痛を起こす原因になります。
ガスを発生させないためには、体内に溜まった老廃物を外へ流す事が大切です。
便秘による腹痛は、便秘を改善する事で治す事が出来ます。
この場合、発生したガスが腸壁に影響を与えて痛みを起こしているので、ガスだけでも排出する事で改善が可能です。
腹痛は場所によっては、虫垂炎や大腸がんなどの病気の可能性があるので注意しましょう。
腹痛の場所が左下や右下の場合は、慢性便秘の可能性が高いです。
しかし、同じ左下でも痛みの度合いによっては病気を伴っている事があるので、痛みが激しく治まらない場合は早めに病院を受診しましょう。
また、女性は「子宮内膜炎」などの可能性もあるため、総合病院で検査を行う事で早めの対処が可能です。

スポンサーリンク

痛む場所や、普段の排便習慣から便秘とわかった場合は、自分で対処を行う事が出来ます。
手軽に早い効果を出すのなら、下剤や整腸剤を利用して、強制的に溜まった老廃物を排出すると効果的です。
しかし、強過ぎる下剤は下痢などの副作用を起こす場合があるため、自分の体質に合ったものを利用しましょう。
また、効果が出ないからと多めに飲む事はせず、決められた量を守る事が大切です。
排便を促す効果としては、ツボ押しやマッサージも有効です。
副作用もないので、下剤に慣れていない方や抵抗のある方は、マッサージなどを試してみましょう。
腹痛は酷くなると吐き気を伴います。
便秘による腹痛は日々の生活習慣を見直す事で、改善が可能です。
体内に老廃物を溜めないように、適度な運動や食生活、ストレス解消など意識しましょう。
自然な排便を行うには、腸内環境を綺麗に保つ事が大切です。
乳酸菌サプリや食物繊維が摂れる食事を心がけて、胃腸の低下を防ぎましょう。
胃腸が活発になれば、快便習慣も可能です。

スポンサーリンク