便秘解消、夜に牛乳を飲んだときの作用

スポンサーリンク

辛い便秘に苦しんで、夜眠るのさえ難儀だという女性は少なくありません。
 こういう問題を抱えてしまうと、薬を用いてでもそれをどうにかしたくなりますが、しかし薬では問題を一時的に棚上げできるだけです。
根本的な解決にはなりません。
 では、どうすれば自然に便秘を解消できるようになるのかと言えば夜眠る前に牛乳を飲むようにしましょう。
 牛乳が持つ作用の中には、腸内環境を整える、というのがあります。
これは町内にいる悪玉菌の退治に役立ちます。
 眠る前に何か口にしたら、太る原因になるのではないか、と気にする人もいますが、その点も問題ありません。
牛乳に含まれている脂肪分は、便と共に排出されるという作用を持っているからです。
 また、腸内で吸収される脂肪分を抑えるという効果も併せ持つため、太るどころかむしろ身体をスマートにするのです。
 なお、口にする目安としてはコップ一杯もあれば充分なので、それが原因で満腹感を覚えるということもありません。

スポンサーリンク

 夜眠る前に牛乳を口にすると、安眠作用があるとも言われています。
これはそれに含まれている成分の中に、精神の安定や安らぎを生み出す効果を持つセロトニンを作成する力があるためだと言われています。
 便秘解消と睡眠は一見するとあまり関係のない事柄に見えますが、実はそうではありません。
腸の蠕動運動を促す副交感神経は、眠っているときに活発に活動するからです。
 そのため、睡眠不足になると、便秘も同時に起こしてしまう人が多いのです。
 不眠症の気がある人だと、どうしても薬に頼りたくなりますが、薬で眠りについても身体から疲れが抜けきることはなく、それが運動不足に繋がることもあります。
 このため、辛い便秘に悩まされているのであれば、何を置いてでも自然に眠れる時間をきちんと確保することが肝要なのです。
 このように、牛乳は便秘解消に際し、とても役立つ飲み物なのです。
入手も容易なので、お腹の張りが気になる人は、有効活用するようにしましょう。

スポンサーリンク