臨月で便秘や吐き気がひどくなる原因と解消法

スポンサーリンク

妊娠をすると胃が圧迫されることもあり、便秘になりやすい傾向があります。
何日もこのような症状が続くことになる場合もあるので、軽い運動や食べ物で解消していくことが大切です。
しかし、臨月となってくるとますます便秘がひどくなる人も多くいて、それに加えて吐き気を伴うこともあります。
お腹が大きくて動きづらい状態ということで、このような症状はとても辛く感じてしまいます。
どうして臨月になると、これらの症状がひどくなってしまうのかと言うと、一番に考えられることは赤ちゃんが急激に大きくなってくるからです。
そのため、胃や腸が圧迫されてしまい、胃酸が上がってきて吐き気を感じることも多くなるのです。
出産間近でもあり、赤ちゃんが順調に成長している証拠でもあるので、やむを得ない症状となります。

スポンサーリンク

その次に考えられることは、臨月は女性ホルモンがさらに増えてくることです。
そうすると、お腹周りの筋肉が緩んでしまうため、胃酸が上がってきてしまいます。
これも妊娠特有の現象なので、不快にならないように解消していくようにしなければいけません。
そのためには、ご飯を食べすぎないようにし、一度に食べる量を小分けにしていくことが効果的です。
一度にたくさん食べてしまうとお腹も膨れるので、気分も一気に悪くなってしまうこともあります。
食べる量を少なくしていくことで、不快な症状を抑えていくことができるのです。
また、胃に負担となってしまう油っこい食べ物を控えるようにし、食後はすぐ横にならないように気を付けるようにします。
お腹が大きいのでどうしても横になってしまいがちですが、横になれば胃酸が上がってきてしまうので、食後は体を起こしておかなければいけません。
このようなことに気を付けていくだけで、便秘や吐き気の症状を抑えることができます。
便秘や吐き気が続けばストレスになってしまうので、赤ちゃんのためにも少しでも気分が良くなるように、臨月を無事に過ごしていくようにしましょう。

スポンサーリンク