便秘が原因で吐き気や腹痛がある場合は病院へ行きましょう

スポンサーリンク

普段から便秘がちで、数日に一回しか便意がない、一週間でないこともよくある、という人も多いと聞きます。
便秘を解消するには、適度な運動をしたり、食物繊維の多い食事を摂ると効果があります。
また、入浴はシャワーで済まさずにちゃんと湯舟に使って身体を温めたり、水分を多くとる、お腹をマッサージして腸の働きを促す、という方法もあります。
便意がなくても、毎朝同じ時間にトイレに行ってみる、という行動も、便秘を解消する一つです。
それでもなかなか解消されない場合は、市販の薬を利用効果があります。
できれば、毎日自然に排便があることが身体には良いことですが、種類が多くあり、合う合わないがあるので、自分にあった薬を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

それでも解消されず、腹痛や吐き気といった症状を伴い、日常生活にまで支障が出てきてしまう場合は、病院を受診します。
レントゲンで腸にどのくらい便が溜まっているか、腸の働きはどんな具合かなどを診察してくれます。
そして、その人に合った薬を処方してくれます。
毎日、吐き気や腹痛などの症状が伴うような状態は、本人も辛いでしょうし、もしかしたら、ただの便秘だけでなく、何か他の病気が潜んでいることもあるかもしれません。
そういった意味でも、なかなか便秘が解消されない人、その状態がもう何年も続いているような場合は、一度病院にいって診察をしてもらう、というのも解決につながる方法の一つです。
便をずっと身体に溜めておいている状態は、身体にも良くない状態なので、解消できるよう、放っておかず色々と試すことが大切です。

スポンサーリンク