便秘じゃないのに腹痛の場合、原因は様々ある

スポンサーリンク

便秘じゃないのに腹痛がある場合、原因は何なのでしょうか。
まず一つ目に考えられるのは、食べ方や飲み方の問題です。
早く食べたり一気に飲み干してしまう人は、空気を一緒に取り込んでしまっている可能性があります。
また、歯の噛み合わせが悪い人も空気を多く取り込んでしまう場合があります。
これは呑気症と呼ばれる症状で、余分に取り込んだ空気が腸内に蓄積し、後にガス化することにより引き起こされます。
よって、便秘じゃないのに腹痛が起こるのです。
二つ目に考えられるのは、食生活です。
肉や炭水化物中心の食事をしていると、ガスが蓄積されやすくなります。
肉にはタンパク質が多く含まれていることが多く、このタンパク質が分解されると臭いのあるガスが発生します。
炭水化物も、分解しきれなくなってくるとガスを発生させます。
栄養のバランスを保つ事が大切です。
最後にストレスも要因の一つとなります。
ストレスを溜め込むと胃腸の働きが鈍くなる他、腸内細菌にも悪影響を与えて悪玉ガスが発生しやすくなるのです。

スポンサーリンク

このように様々な原因が考えられますが、どのように解消すれば良いのでしょうか。
まずは食事内容を意識しましょう。
サツマイモやおからは整腸作用があり、山芋やオクラなどの粘りがある食べ物は腸の張りに効果的です。
胃腸に負担をかけない食事をする事で、腹痛が緩和されます。
次にマッサージです。
マッサージをすることで、ガスが出やすくなりお腹の張りを解消することが出来ます。
朝食を食べる前の起床直後は腸が活発に動くので、このタイミングでマッサージを行うと、刺激が伝わってガスが出やすくなります。
そして最後にストレスをなくしましょう。
睡眠不足などの不規則な生活習慣を改善したり、悩みを誰かに相談することでストレスは減らせます。
しかもストレスが減ると、胃腸の動きも改善されます。
そうすると、腹痛も徐々に解消されていくと思います。

スポンサーリンク