胃腸炎の薬を飲んでも吐いてしまう。どうすればいいの?

スポンサーリンク

急性胃腸炎というのは、薬の服用を行えば数日で症状が回復するものではあります。
しかしながら、下痢や吐くという症状が頻繁に繰り返されており、症状が重度化している場合には、薬を飲んでも吐いてしまうということがあります。
また、1日に10回を超えて下痢や吐くという症状が或場合には重度と言える症状です。
この場合というのは、胃に入ったものが全て刺激物として扱われてしまいます。
このように症状がひどい場合には、ほんらいではれば、薬によって症状が回復、改善するのに、逆に胃腸に負担を与えて症状を悪化させてしまうと言うことになります。
このような症状ですと、薬の使用を行うことがこんなんです。

スポンサーリンク

急性胃腸炎の時というのは、体に有害な細菌、ウイルスを体外へ出そうと体が行動しているときです。
体としてはこれが症状を回復させる最善の策としての行動ではあります。
ですので、この場合には、薬を無理に飲むことよりも、胃腸の炎症を回復させることを一番に考えたほうがいいかと思います。
しかしながら、このような症状ですと、脱水症状や、衰弱といった事が起こることになります。
特に脱水症状が長時間続くと、命に関わる危険性も出てきます。
そのため、余りにも、下痢や嘔吐がひどいというときには、医療機関での治療が必要になります。
本来は経口摂取で口からの摂取ができればいいのですが、これが困難であれば、病院での点滴により水分と栄養を摂取することが出来ます。
胃腸炎はだれにでも起こりうる病気ではあるのですが、症状によっては命に関わることがありますので、症状によって医療機関での入院なども視野に入れるようにしてください。

スポンサーリンク