便秘の改善法としての生活習慣の改善と即効性のある市販の便秘薬

スポンサーリンク

まず便秘の定義ですが、便秘といっても単に便が長時間でないというだけでは便秘とはいわず、その定義はもひとくくりにする事は出来ません。
便秘とは排便の回数が少ない、量自体が少ない、便の水分が少ない、排便が難しい、排便をしてもまだ便が残った感じがする、以上のような状態の事を便秘といいます。
反対に毎日排便が行われていなくても上記のような症状が表れていない場合には便秘とはいいません。
便秘の原因としては排便に関係する器官になんらかの物理的な障害がある場合や排便機能に関係する自律神経に障害がある場合に分けられます。
症状としては腹部の膨満感や腹痛、吐き気や、食欲の減退などがあげられます。
次に便秘の予防、改善法について記載していきたいと思います。

スポンサーリンク

便秘の予防法、改善法に関しては3種に分けられます。
日常の生活習慣の改善と食生活の改善、そして最後に便秘薬の使用です。
生活習慣の改善に関しては、日頃から決まった時間に排便の習慣をつける、運動をする、ストレスをためない事などがあげられます。
食生活の改善に関しては、水分をしっかりと取る、食物繊維やビフィズス菌、オリゴ糖を多く含んだ食材を多めに取る事などがあげられます。
これらは日頃からしっかりと行う事が大切になってきます。
最後に便秘薬の使用ですが、市販の便秘薬といっても即効性のあるものと時間のかかるものとに分けられます。
即効性のあるものとしては塩類下剤があげられ、効果があらわれるまでには1〜2時間と短時間で効果が表れます。
また、その他の市販薬では大腸刺激性下剤も座薬であれば5時間程度と比較的短時間で効果が表れます。
このように便秘薬によっても排便を促すことができますが、まず生活習慣の改善をはかり、それでも出ない場合に便秘薬を使用するようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク